投げの先進技術を注入シマノ(SHIMANO) スーパーエアロ サーフリーダーCI4+35 細糸

投げの先進技術を注入シマノ(SHIMANO) スーパーエアロ サーフリーダーCI4+35 細糸
投げの先進技術を注入シマノ(SHIMANO) スーパーエアロ サーフリーダーCI4+35 細糸

2015-08-08_132547
シマノの遠投テクノロジーの基本である「大径スプール」「4度角テーパースプール」、「スーパースロー5」に加え、スーパーエアロフリーゲンにも採用された「ワイドローター」を搭載。さらに新フィーチャー「0度ボディ(ゼロドボディ)」が採用され、先進の遠投テクノロジーが満載です。また、リーリングの滑らかさと軽さを高める「X-SHIP」、軽くて強いカーボン素材「CI4+」をボディだけでなく、ローターにも採用し、様々な側面から追求された「軽さ」により高い感度を発揮。ネジ込み式ハンドルも装備し、これまで感じられなかったわずかなキスのアタリを明確に伝えます。ナイロン糸の使用も考慮した溝付スプール、まさかのライントラブルを軽減する糸落ち防止機構も装備したコストパフォーマンスの非常に高いモデルです。ワンサイズ小型でショートロッドにマッチする30ミリストロークの「30」もご用意。そのコンビネーションから得られる「軽い」取り回しは疲労を軽減させ、より投げ釣りを楽しくすることでしょう。

スポンサード リンク

仕様・規格

●ギア比:3.5
●許容耐力:196N/20kg
●自重:425g
●スプール寸法(径mm/ストロークmm):73.5/35
●装着スプール:1.5号
●ナイロン糸巻量(号-m):1.2-250、1.5-200、2-150
●PE糸巻量(号-m):0.8-250、1-200、1.2-165
●平均最大巻上長(ハンドル1回転):84cm
●ハンドル長:80mm
●ベアリング数SA-RB/ローラー:5/1
●※N(ニュートン)とは、力を表す単位で、1kg=9.8Nです。
●※最大巻上長は、スプール前ツバ最外径による計算値となっています。
●ボディ&ローター素材:CI4+
●0度ボディ(ゼロドボディ)
●サンドプロテクター(35に付属)

投げの先進技術を注入シマノ(SHIMANO) スーパーエアロ サーフリーダーCI4+35 細糸

くちこみ 口コミ

  • 数年前に購入したスーパーエアロを使用していましたが、釣具店でこのリールを手にし軽さに驚きました。実際使ってい見た感じは、回転はスムーズだし、疲れが少なかったと感じました。とても気に入ってます。
  • 軽くてかっこいいです。早く実釣で使いたいです。昔からシマノリールのファンです。
  • 年末から投げ釣りにハマり、冬場はカレイ狙いの置き釣りがメインでしたので、ダイワのクロスキャストというリールを使っていました。最近は、キスの引き釣りをしていたのですが、リールが重いのもあって、釣りの後には筋肉痛になるとう次第でした。
    軽くて遠投性が良い物を探してダイワのリール(投げ竿がダイワなので・・・)ばかりを見ていましたが、手ごろな値段になるとクロスキャストとさほど重さが変わらないので、シマノも視野に入れて探しました。すると、手ごろな値段で軽くて遠投性に優れているこの商品に出会いました。
    最初のレビューを書いて下さった方が「軽い」と書いておられたので、機会があれば購入しよう!と心に決めて今日も釣りに出掛けてきました。するといつも立ち寄る釣り具屋さんにこの商品が置かれていたので触らせてもらいました。餌だけを買って釣り場に向うつもりだったのに、値段だけでも参考に見ておこうと値段をみると、ネットでの値段と一緒だったのと、実際に触ったら軽いし、巻き上げのスピードがゆっくりで、巻き上げだけの引き釣りも簡単そうだったので、衝動買いしました。
    早速、今日のキス釣りで使いました。軽いので、竿を持った引き釣りでも疲れを感じません。遠投性はさすが投げ専用のリールだけあって、私の能力ではこれまで4色が限度だったのが、一投目から5色も飛んでくれました。巻き上げに関してもスムーズで、思ったとおりリールでの巻き上げだけでサビくのも楽に出来ました。巻き上げスピードがゆっくりなので、いつもどおり竿でサビいた後に巻き上げるときは普段より速く巻いて糸ふけを取らないといけないので、慣れるのに少々手間取りましたが、「スポーツフィッシングをしている〜」みたいな感覚で楽しめました。
    始めて1万円を超すリールを買ったので、比較できるリールはありませんが、購入して良かったと満足しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA