あの大人気だった「HE-51C」の後継機種!!HONDEX(ホンデックス) PS-501CN

あの大人気だった「HE-51C」の後継機種!!HONDEX(ホンデックス) PS-501CN

あの大人気だった「HE-51C」の後継機種!!HONDEX(ホンデックス) PS-501CN
特長・機能
・ ミニボートに最適な、業界最小のGPS内蔵ポータブル魚探
・ 晴れた屋外でも抜群の視認性!4.3型ワイドの高精細&高輝度液晶採用
・ ワンタッチでGPS画面/魚探画面を切り替え**
・ 魚探初心者の方も安心!かんたん操作**
・ フィッシュマークや底質判別など充実の魚探機能**
・ マーク・航跡が残せる!目的地がセットできる!GPSならではの機能満載**
・ 全国の簡易海岸線データを収録(縮尺レンジ500m(0.5NM)以下からは非表示)

・ 乾電池駆動(単三乾電池8本で最大約10時間連続使用可能)
・ 二つ折りでコンパクトに収納!液晶もしっかり保護できる!
・ ワカサギ釣りにも最適!対応オプションや関連製品も充実!

(**は以下に詳細内容が下記されています。)
ワンタッチでGPS画面/魚探画面を切り替え
魚探/地図切り替えキーを押すごとに、魚探画面とGPS画面が切り替わります。
ワンタッチで画面を切り替えられるので、手間取ることなく釣りに集中できます。また、「航法画面表示」をONにしている場合は、魚探/地図切り替えキーを押すたびに、航法画面→魚探画面→GPS画面→・・・と切り替わります

HONDEX(ホンデックス) PS-501CN

魚探初心者の方も安心!かんたん操作

HONDEX(ホンデックス) PS-501CN

魚探初心者の方でもすぐに使用できるよう、魚探オート機能を搭載しています。
オートレンジ(深度)・オートゲイン(感度)を使用すれば全自動で動作しますので、特に操作をする必要がありません。

オートゲイン
海底の反応が常に一定になるように、感度を自動調節します。
ON時は画面左上に[AUTO]が表示されます。

オートレンジ
常に海底が表示されるように、魚探の深度(水深表示範囲)を自動的に切り替えます。ON時は画面右下に[AUTO]が表示されます。

フィッシュマークや底質判別など充実の魚探機能

HONDEX(ホンデックス) PS-501CN
魚の反応が感覚的にわかる!フィッシュマーク表示
魚の反応をフィッシュマークで表示します。反応を感覚的に確認できるので、魚探を初めて使用する方や、まだ魚探の表示に慣れていない方に最適な機能です。また、魚の反応を識別してアラームでお知らせする、フィッシュアラーム機能も搭載しています。魚探を見ていない時でも反応がわかります。

底質変化が一目瞭然、底質判別機能

HONDEX(ホンデックス) PS-501CN
海底の硬さを数字(0~20)とグラフで表示します。数字が大きいほど硬い海底である可能性が高くなります。
また、グラフ表示によりおおよその底質変化を把握することができます。

マーク・航跡が残せる!目的地がセットできる!GPSならではの機能満載
航跡を残して走行できる

HONDEX(ホンデックス) PS-501CN
自船が移動した航跡を残すことができます。
どこを走ってきたのかがひと目で分かり、次に同じ場所に向かうときなどにとても便利です。

釣りのポイントなどにマークできる
魚探で見つけた魚群や浅瀬、釣りのポイントなどにマークを入れることができます。
HONDEX(ホンデックス) PS-501CN

出航地を登録する/出航地へ戻る

HONDEX(ホンデックス) PS-501CN
任意の場所を出航地として登録することができます。登録後、「出航地へ戻る」を選択すると出航地を目的地に設定することができます。また、出航地から自船位置までのおおよその距離・時間が表示されます。

行き先を設定する(目的地航法を設定する)

HONDEX(ホンデックス) PS-501CN
行き先(目的地航法)を設定すると、自船位置から目的地までを直線で結び、画面上には目的地の緯度経度、自船位置から目的地までの距離・所要時間が表示されます。

スポンサード リンク

仕様・規格

●セット内容:本体、振動子 TD04A(3P)、トランザム金具
●タイプ:4.3型ワイドカラー液晶
●表示画面:縦型
●表示部ドット数:272×480
●電源電圧:DC11~14V
●消費電力/電流:約2.4W0.2A/12V
●本体寸法(mm):W173×D191×H173
●本体質量:約0.7kg
●防水性能:IPX6
●周波数:200kHz
●出力:100W
●水深表示範囲(水深表示範囲は、測深能力を意味しておりません。):最大:0~300m最小:0~3m
●背景色:3色
●色配列:4種類
●オート深度:OFF/ON
●オート感度:OFF/低/中/高
●拡大:OFF/自動/手動/海底固定
●拡大率:2倍/4倍/8倍
●縮尺サイズ:0.005~150NM(km)
●プロット間隔(時間):1、5、10、20、30秒、1分
●記憶点数:航跡:5000点マーク:1000点
●アンテナ:内蔵(取付場所によっては受信できない場合があります。)

対応オプション

●振動子:TD04C(3P)、TD05(3P)、TD06(3P)、TD45(3P)
●バッテリーセット:BS07
●水温センサー(スルーハルタイプ):TC02CS+TCK01
●水温センサー(トランザムタイプ):TC01C、TC01G、TC03-05、TC03-10
●取付架台セット:TKS01
●遮光フード:SF09
●万能パイプ取付金具+先金具:BP05、BP10
●水中カメラ:FS2000DT

くちこみ 口コミ

  • 同じポイントに再度入る為にはGPSは必須です。同型のGPS無しは約1万円程安いですが絶対GPS付きを買う事をお勧めします。コスバ考えてもゴムボ等で使うには最強の魚探です。
  • ワカサギ用に購入しました。魚が映るとアタリがあり,バッチリです。
    1万円前後の魚探とは性能が違います。
    ただ,画面に夢中になり過ぎて,釣果が1/3になりました・・・
    買ってよかったです。画面を見ているだけでも楽しいです。
  • カヤックフィッシングで使用してます。
    電池はエネループ使用でコスパと使い勝手は申し分無し。
    海底の地形がばっちり分かり釣りの楽しさも倍増しました。
    画面に魚影が全く映って無くても釣れることも多く、個人的には地形の変化確認に使ってる感じです。
    とは言うもののベイトの群れも確実に映るので大変参考になります。
    他の魚探を使用したことがないので比較はできませんが、自分の釣りのスタイルには合っているので良い買い物ができたと思います。
  • GPS付きで、この価格は満足です。
    手漕ぎボートにちょうどいいです。
  • ゴムボート用に購入しました。
    簡易GPSですが、マークをつければ同じ場所に入ることができ釣果もあがりました。
    GPSにはそれほど期待していませんでしたが、今ではなくてはならないものになりました。

ホンデックス/HONDEX魚探 PS-501CN使用動画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA