魚探もスマホの時代!シマノ(SHIMANO) 探見丸スマート フィッシュファインダー

魚探もスマホの時代!シマノ(SHIMANO) 探見丸スマート フィッシュファインダー
魚探もスマホの時代!シマノ(SHIMANO) 探見丸スマート フィッシュファインダー

●手軽にいつものフィールドで、水中の様子が見える!釣りの楽しさが広がる「探見丸スマート フィッシュファインダー」
●魚群探知機で水中の情報を見て釣るワクワク感を、もっと身近に楽しめるように、コンパクトかつお手軽な「探見丸スマート フィッシュファインダー」が登場しました。電池で稼働する手軽さに加え、無線でスマートフォンと繋がるので面倒な配線などは一切不要。振動子は水面に浮かべるタイプですので、固定など設置の手間もかかりません。さらに水面に浮かべると自動でスイッチが入ります。さあ、スマートフォンで水中を覗いてみよう
●ワカサギ釣りでは、カケアガリが魚群のルートとなります
●黒鯛などをカセや筏で釣る場合も、魚の寄り具合や時合いの到来が確認でき、集中力を切らさずに攻めることができます
●バスフィッシングでは地形とベイトフィッシュの有無を知ることが釣果をUPする重要なファクターと言えます
●磯や波止では、「探見丸スマートフィッシュファインダー」の無線機能が活躍します
●※アキュフィッシュ機能は、対応いたしておりません。

誰でも簡単に釣れる魚ですが、釣果を左右するのは、魚影の濃さです。群れを的確に捉えるために魚探は欠かせません。

昨年は、探見丸スマートフィッシュファインダーのテストを重ねました。
コンパクトで軽量。水面に浮かべるだけで自動にON。
後は、スマートフォンに取り込んだアプリを立ち上げれば、無線で同期してくれる優れものです。
水温、底形状、土壌の硬さ、水深なども表示。
感度補正、振動子出力、発射回数なども自由に変えられ、周囲の魚探と干渉しない機能や、スマホ画面にタッチするだけで、匹数カウントができる本格的な機能も装備しています。

ワカサギは、湖底のカケアガリ付近を回遊することが多く、季節や湖によって、当日の釣れるポイントと水深が変わります。
水温が高くて、中間層を回遊する秋には、足早に過ぎ去る群れを的確に捉え、ワカサギマチックDDMに付いたカウンターを、利用しながら多くの釣果を上げました。
喰い渋りのときには、群れがいて釣れないのか判断ができ、いない時には休憩。回遊してきたら一生懸命に竿を出すなど、魚探に頼る割合は高いです。
なにより、フィッシュファインダー1台でスマートフォン3台(3人)まで共有できるのが画期的。
各自で持つ必要がないので、手荷物が減ります。

私は釣行時間も長いため、スマートフォンにモバイルバッテリーを装着しました。本体は単三電池二本で稼働しますが、寒い環境では消耗が早まるので、予備電池の持参をおすすめします。

ボート、桟橋、ドーム船、氷上釣りと、楽しみの多いワカサギ釣り。頼りになる相棒だと思います。
無線魚探ですから、他の釣りにも併用できるでしょう。

スポンサード リンク

仕様・規格

●自重:170g
●魚探周波数:200kHz (15度)
●魚探出力:100mW
●探知可能水深:70m
●無線送信出力:10mW以下
●消費電力:500mA以下
●推奨電池:単三アルカリ電池
●防水性能:1気圧
●通信方式:Wi-Fi/ZigBee
●通信速度:10Mbps以下
●受信周波数:2.4GHz
●通信可能距離:30m
●使用温度範囲:-10度~50度
●使用湿度範囲:93%以下 (+40度)
●※使用方法、その日の状況においては探知可能水深が浅くなる場合もあります。
●※障害物等が入りますと通信可能距離は短くなります。

魚探もスマホの時代!シマノ(SHIMANO) 探見丸スマート フィッシュファインダー

本体は一般の魚群探知機に比べ非常にコンパクト&軽量。

魚探もスマホの時代!シマノ(SHIMANO) 探見丸スマート フィッシュファインダー

スマートフォンでTankenmaru SMARTアプリを表示。水中の情報を手軽に知ることができます。

ワカサギ釣りで

ワカサギ釣りでは、カケアガリが魚群のルートとなります。「探見丸スマートフィッシュファインダー」を使えば、思い通りのカケアガリ上に自分がいるかどうかを確認することができます。また、魚群も確認できますので、タイミングよく集中して釣ることが可能になります。

カセ・筏で

黒鯛などをカセや筏で釣る場合も、魚の寄り具合や時合いの到来が確認でき、集中力を切らさずに攻めることができます。また、手前船頭の場合、場所決めや移動の判断基準の一つに加えることもできます。

手漕ぎレンタルボートやフローターで狙うバス

バスフィッシングでは地形とベイトフィッシュの有無を知ることが釣果をUPする重要なファクターと言えます。小型の手漕ぎや足漕ぎレンタルボートやフローターでも、「探見丸スマートフィッシュファインダー」があれば、手軽に水中の情報が得られるので、ポイント探しの精度が一段と向上します。

無線が生きる磯や波止

磯や波止では、「探見丸スマートフィッシュファインダー」の無線機能が活躍します。足場の高い磯際や波止では、強靭な紐やロープに繋ぎ振動子を水面に浮かべることで、水中の状態が把握できます。また、沖へはらう潮に乗せることにより、沖の状況まで見ることが可能です。

※磯回りなど、根ズレの危険性を考慮しご使用ください。回収不可能な場所での使用は、特にご注意ください。

シマノ(SHIMANO)探見丸スマート フィッシュファインダー説明動画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA