旅行のお供にプロックス(PROX) モバイル トラウト8プラス 1 SE 6ft

旅行のお供にプロックス(PROX)モバイル トラウト8プラス 1 SE 6ft

プロックス(PROX) モバイル トラウト8プラス 1 SE 6ft

8PCS並継竿
VSSグリップ一体型スピニングシート+EVAグリップ
ガイドは全てOリング採用
両手でキャスト可能なエクステンショングリップ付
超小継の仕舞寸法26cm&専用ハードケース付

プロックス(PROX) モバイル トラウト8プラス 1 SE 6ft

プロックス(PROX) モバイル トラウト8プラス 1 SE 6ft

スポンサード リンク

仕様・規格

●標準全長:6フィート
●仕舞寸法:26cm
●継数:8+1本
●標準自重:80+20g
●先径:0.9mm
●元径:11.3mm
●ルアー:1~4g
●ライン:2~6lb
●カーボン含有量:70%
●エクステンショングリップ付
●専用ハードケース付

くちこみ 口コミ

・継ぎ目が非情に固いところがありました。(入らないので、ペーパーで削りました。)
作りはイマイチですが、超コンパクトな遊び心に惹かれました。

・一泊の出張でとったホテルが九州某河口沿いだったので、これとMITCHELL AVG1000FにRaparaRAPINOVA-X 0.4号を巻き、A4ワイド型PC、着替えと共にショルダーバックに入れて行きました。
付属ケースは邪魔になるので使っていません。その代わり100均で買ったプラ製ケースを切り貼りして保護ケースを作っています。
CheckBAIT 7Fチャートカラーで30~40cm程度のセイゴが掛りましたがロッドの弾力だけでいなし、ドラグの出番も無くあっけないほど簡単に取り込めました。
やり取りの際、ロッドの剛性に不安を感じる事は有りませんでした。
1時間ほど遊びましたがガイドに引っかかる様なライントラブルは一度も無し。その代わりラインを巻きすぎていてバックラッシュが一回あった程度です。
ROLLING BAIT 48も投げてみたけど、ふにゃっとして投げれなくは無いけどコントロールが難しい状態です。スペック通りと言う事ですね。

根魚小僧2代目も所持していますが、運搬中の穂先が気になるので、このロッドを多用すると思います。

・開発思想はおふざけか悪乗りだと想像できますが、意外につくりはちゃんとしています。

8本継ぎなので、当たり前ですが継ぎ目は7つあります。
継ぎ目には目印があり、この目印を通りに継いでいけば8本継ぎでもガイドが一直線になって超便利・・・となるはずなのですが、目印通りに継ぐとガイドがズレます(笑)

継ぎ目に目印を打つという発想は素晴らしいなのですが、この辺の詰めの甘さがいかにもPROXという感じです。

ちなみにロッドの先径は0.9mmしかないので、一番先のピースを外すときにはとっても気を遣います。

肝心なロッドとしての性能ですが、想像以上にちゃんと使えます。
トラウトロッドといっても管釣り用のトラウトロッドですが、普通のウルトラライトアクションのミディアムファストテーパーのロッドです。

継ぎ数が多いとロッドはダルくなるというのが個人的な認識なのですが、管釣りロッドはもともとダルイのでそんなに影響を感じません。

性能云々ではなくて、所有すること、継ぐことでワクワクさせてくれる魅力的なロッドです

・細かいつくりになっていてきれいなできあがりですが、継ぎ目がきつくて小学生には脱着は無理のようでした。継ぎ目のマーキングもずれていて、結局目視でガイドを合わせました。リールをつけてラインを通して、キャストしてみました。継ぎ目のところから折れました。継ぎ目になるブランクスに入っている芯のようなものが不均一な形で入っていました。購入から2週間以上立っていたので、初期不良には該当しないため修理対応となるようでした、7千円で購入した製品の8ピースのうち一本だけ修理するのにも3千円ほどかかるようなので、修理依頼を断念しました。

・普段はヤマメ、岩魚のえさ釣りをしています。
ちょっとルアーも試してみようかなと思い、
バッグに忍ばせておこうかなと購入しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA