脅威の軽さシマノ(SHIMANO) エクスセンスCI4+ 4000XGS

脅威の軽さシマノ(SHIMANO) エクスセンスCI4+ 4000XGS

脅威の軽さシマノ(SHIMANO) エクスセンスCI4+ 4000XGS

シーバス専用スピニングリール、エクスセンスが最先端フィーチャーを身にまとい「エクスセンスCI4+」モデルとして新登場。高負荷時でも力強い巻き上げを可能にする「X-SHIP」、新素材「CI4+」を採用したシマノ史上最軽量ローター「マグナムライトローター」を新たに搭載することでC3000 195gを実現。「CI4+」を冠するスピニングリールでは最多の9個の「S A-RB」を搭載することにより、さらに高感度なスピニングリールとして生まれ変わりました。専用アイテムとして研ぎ澄まされた実釣性能を、ぜひフィールドで堪能してください。

スポンサード リンク

仕様・規格

●実用ドラグ力:58.8N/6.0kg
●最大ドラグ力:107.8N/11.0kg
●自重:250g
●PE糸巻量:1.2号~190m、1.5号~150m、2号~130m
●最大巻上長:99cm
●ベアリング数(ボール/ローラー):9S A-RB/1

シマノスピニングリールのメンテナンス動画

くちこみ 口コミ
・2年半以上大事に使いました。
はっきり言って丈夫でタフで釣に行くたびに塩分を流してよく乾かしリールオイルを注すだけで、
(自分はモリブデンのグリススプレーを使っていましたが)
メーカーメンテ無しで今まで異常とトラブルと違和感はまったくありませんでした。
2年半以上使ってさすがにゴロゴロしてきて使いずらくなったのでメーカーに出して、
ドライブギアとピニオンギアを交換してもらいました。
修理から戻ってきてリールを回したらハンドルも少しガタついていたので、
各部のベアリング交換が必要かもしれません。(ベアリングってお値段が高いのよね)
やっぱりこのまま使っていよいよ駄目になったら新しいのを買ったほうが幸せになりそうです。
しかし、2年半以上メーカーメンテも無しに使えたのだから大変満足しました。
1日に500回ぐらいキャストして100回以上は使っているので5万回以上のキャストに耐えたのです。
これは凄いことだと思いますしコストパフォーマンスも優れているのではないかと。
自分が次にシーバス用に買うのも安くて軽くて使いやすいこのリールが第一候補です。
ちなみに負荷がかかったときの巻心地も悪くないですし、
ドラグは秀逸でメータークラスのハクレンにも耐えましたよ。
お値段の高いリールはそれなりにいいのですが、
安いリールでもここまで使えれば大変満足です。
最後に1つだけ、厳寒期に使っていてアタリがあってあわせを入れたときに
ストッパーが効かないときがありハンドルが逆転してしまう事象が何回かありました。
これは構造上避けられないとの事でしたのでハンドルを手で押さえて我慢するしかなさそうです。
どうしても嫌だという人は違う仕組みのストッパーがついているキャタリナかソルティガを使うしかないです。
それを差し引いても良いリールだということになんら変わりはありません。おすすめです!

・とにかく軽い!
4000番で250gは他にはないです!
ハイギヤもいい感じで早く使いたい

・ツインパワーとロッド流出のため、迷いに迷って予算の関係でCI4にしましたが、やはり材質分、剛性が若干弱い感じがします。やはりしっくり感はツインパワーがいい、ちょっと後悔です。しばらく使い次はツインパワーです。

・自分は磯フカセ中心ですが、ベイトが見えたり、餌取りいっぱいの時の気分転換にルアーをやります。磯からのライトジギング、ヒラスズキ用に購入。PE1.5号150mぴったりまいて、30lbのリーダーで実釣に使いました。早速、真鯛60センチをゲットが、操作性、安定感、強さ、軽さなど、申し分ありませんでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA